NTT ドコモは、同社のスマートフォン/タブレット端末のうち、OS を Android 4.3(開発コード名はいずれも「Jelly Bean」)にアップデートする予定の機種を発表した。いずれも、韓国 Samsung Electronics 製で、「GALAXY S4 SC-04E」「GALAXY S III α SC-03E」「GALAXY Note II SC-02E」の3機種。GALAXY S4 SC-04E 用の Android 4.3 アップデートは、すでに提供を開始している。

現時点で Android 4.3 へバージョンアップする機種は3つのみ。各機種の発売時期は以下の通り。

・GALAXY S4 SC-04E:2013年5月
・GALAXY S III α SC-03E:2012年12月
・GALAXY Note II SC-02E:2012年11月

発売がこれら端末より最近のモデルについては、Android 4.3 もしくは最新の Android 4.4(開発コード名「KitKat」)以降へアップデートするのかどうかなど、今後の対応を明らかにしていない。

GALAXY S III α SC-03E および GALAXY Note II SC-02E 用のアップデートは、2014年3月上旬以降に提供する予定。詳細な提供時期や方法、アップデートで利用可能となる機能などの詳細は、後日改めて公表する。

なお、Android OS の開発元である米国 Google は、Android 4.4 をリリース済み。日本国内でも、Android 4.4 搭載スマートフォン「Nexus 5」がGoogle Play とイー・アクセス(イー・モバイル)で購入できる。