日立製作所日本信号は、文部科学省の「社会システム改革と研究開発の一体的推進」事業で開発した「ゲート内蔵型爆発物探知システム」の実証試験を、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線霞ケ関駅で行う、と発表した。

ゲート内蔵型爆発物探知システムの実証試験を丸ノ内線霞ケ関駅で実施
日本信号 Web サイトのトップページ

高速で爆発物の有無を探知できる質量分析装置を内蔵したゲート内蔵型爆発物探知システムを、駅構内に設置する。今回の試験では、爆発物を所持していない乗客から、誤って信号を得る「誤検出」を回避する手法を開発するために、駅構内の環境データを収集する。

期間は2月18日から20日の10時から17時で、場所は霞ケ関桜田通り方面改札内コーヒーショップ付近だ。

なお、今回の試験では爆発物や危険物は一切使用しないという。