パナソニックは、マイクロ波で高電圧/高電流の半導体デバイスを制御する電力変換システムを世界で初めて開発し、半導体チップに集積化することに成功した、と発表した。サイズは従来の電力変換システムに比べると100分の1以下で、スイッチを減らした新しい回路で、電力損失も低減したという。
世界初、パナソニックがマイクロ波で制御する超小型電力変換システムを開発
コインと比べると、その小ささがわかる

従来モーターで駆動する機器に利用されていた電力変換システムは、大きな部品で構成されるため、設置場所が限られており、多段の変換による約10%の電力損失があった。しかし、今回の窒化ガリウム(GaN)を用いた新しい回路構成により、電力変換システムそのものを大幅に小型化し、モーターとの一体化も可能となった。また、システムの寿命を制限する電解コンデンサなどの部品がいらないため、10年以上動作するという。

電力変換システムの試作モジュール
電力変換システムの試作モジュール