1. Debian が「systemd」を選択

Linux ディストリビューションにとって init システムの選択は、混乱を引き起こすプロセスとなりうる。Debian ディストリビューションでは、選択は開発者による投票でなされた。

Ubuntu を除くほとんどの Linux ディストロ同様、Debian の次期リリース「Jesse」では、デフォルトの init システムとして「Upstart」ではなく、「systemd」が採用される。

【LinuxTutorial】Debian が systemd を採用、Ubuntu 12.04.4 LTS リリース、Linux カーネル 3.13.2 および 3.14 rc2 のリリース

これで Debian のデフォルト init システムを巡る議論は終結を見たが、現在の Debian Wheezy リリースがアップデートを続けていることも忘れてはならない。2月8日、Debian 7.4 がリリースされた。Debian プロジェクトのプロジェクトページには次のようにある。

「Debian プロジェクトは、Debian 7(Wheezy)安定版に対する4つ目のアップデートを公表する。このアップデートは、主に安定版に対してセキュリティ問題の修正を追加するものだ。いくつかの深刻な問題に対する調整も含まれている」

2. Ubuntu アップデート

2. Ubuntu アップデート
Ubuntu は Debian をベースにしたシステム。だが、両者のギャップは年々広がりつつある。その Ubuntu は2月6日、メンテナンスアップデートを公開した。

Ubuntu 12.04.4」は、Ubuntu 12.04 LTS の4つ目のアップデートだ。Ubuntu 開発者である Colin Watson 氏はメーリングリストに次の投稿をしている。

「12.04.3 同様、12.04.4 にはアップデートされたカーネル、x86 アーキテクチャ向けの新たな X stack が含まれている。
≪中略≫
12.04.4 は、Ubuntu 12.04 LTS の安定性と互換性を維持することにフォーカスしつつ、その他の影響の大きなバグに対するアップデートと修正も含んでいる」

3. Linux 3.13.2 と Linux 3.14 rc2 カーネルのリリース

3. Linux 3.13.2 と Linux 3.14 rc2 カーネルのリリース
Linux カーネルの開発は、倦むことなく継続されている。2月6日、カーネル開発者である Greg Kroah-Hartman 氏は、Linux 3.13.2 をリリースした。

2月9日には、Linus Torvalds 氏が Linux 3.14 rc2 を公開している。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。