日本 HP は、物理/仮想混在環境をバックアップ、リカバリする HP 純正データ保護ソフトウェアの最新バージョン「HP Data Protector software 8.1」を発表した。

最新バージョン 8.1 では、同社の新たな戦略的イニシアティブ「Adaptive Backup & Recovery」(ABR)に向けた、その第一世代の機能を提供する。また、大規模環境対応、HP ストレージ製品との統合などの機能強化が図られた。

最新データセンターでは、従来の静的なバックアップ/リカバリではなく、分散型で動的なデータ保護アプローチが求められており、日本 HP では、最新データセンターでのデータ保護のあり方を変革するイニシアティブ、ABR を推進している。

ABR は、次世代の基盤に適応した、インテリジェントなバックアップソリューションとして、「優先度」「予測」「推奨」「自動化」の4つのコンポーネントから構成され、データセンターにおける自己対応、自己修復、自己管理によるデータ保護の実現を目指す。

HP Data Protector 8.1 では、ABR に向けた第一世代の機能として、「優先度ベースのジョブスケジューラ」を搭載している。この機能により、データとアプリケーションの優先度や重要度に基づいてたバックアップ戦略とポリシー設定が可能となる。

また、大規模バックアップ環境のニーズに対応するため、拡張性とパフォーマンスを強化し、スケーラビリティを向上した。

さらに、HP ストレージ製品との統合を強化、ストレージアレイ「HP 3PAR StoreServ」と連携したゼロダウンタイムバックアップとインスタントリカバリのサポートを、HP-UX と Linux にも拡張した。

バックアップアプライアンス「HP StoreOnce Backup System」と連携した重複排除機能では、帯域制御、クオータ制御の設定や格納データをハードウェアベースで暗号化できるようにした。

このほか、SAP HANA アプライアンスのインテグレーションをサポート、拡張自動ディザスタリカバリ機能を向上、VMware vSphere 5.5 や vCloud Director 5.5 をサポートするなどの機能拡張を行っている。

希望小売価格は18万7,950円から。