日本気象協会は、日本全国48地点の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。3月中旬には高知で開花し、九州も春分の日の頃に咲き始める。各地の開花日は平年並みで、九州から関東南部は3月下旬、関東北部や北陸は4月上旬、東北は4月上旬から下旬、北海道はゴールデンウィーク頃からとなる見込みだという。

日本気象協会が桜開花を予想、四国や九州は平年より早く開花する所も、関東は遅目
桜開花予想マップ

桜の開花は、前年の晩秋に冷え込み、春先に暖かくなると開花が早まる。四国と九州は昨年の晩秋の冷え込みで、平年より早く開花するところがあるという。一方、関東は3月に予想される低温の影響で、平年より遅い所がある見込み。

桜の見頃は、福岡は3月末から。広島/大阪/名古屋/東京は、4月の初め頃になりそうだという。

開花予想は、天気総合ポータルサイト「tenki.jp」で公開している。