米国 Red Hat は、インメモリ データグリッド ソリューション最新版「Red Hat JBoss Data Grid 6.2」を発表した。最新版では大規模データセットを扱うアプリケーション性能を高速化した。

同社によると、アプリケーションの性能低下の主な要因のひとつは、従来の RDBMS にある。JBoss Data Grid は、データベースに補完的レイヤを提供するので、新規にデータインフラに投資せずにすむとのことだ。

このレイヤに保存されるデータは、種類やアクセス頻度、またその他の特性により優先順位が付けられる。データグリッドは、データ処理を高速化し、待ち時間を低減できるようにし、従来のデータベース上の負担を除く。
 
バージョン6.2では、データグリッド内のオブジェクトをプロパティやメタデータに基づいて検索できるクエリ機能が追加された。また、ファイルベースのキャッシュストアを新規に2つ備え(SingleFileCacheStore/LevelDB-JNI)、書き込みスループットが向上、大規模データセットに対応できるようになった。

さらに、データの相互運用性機能により、アプリケーションはデータがグリッドにどのように書き込まれたか、またはどんな方法で書き込まれたかを知らなくても、グリッドからデータを読み込むことができるようになった。この相互運用性は、異なるプロトコル間、同一プロトコルにおける異なる言語間、および異なるデプロイメントモードに適用される。