イーソルは、スマートアグリ市場向け「eSOL AGRInk シリーズ」の開発、販売を発表した。ハードウェアとソフトウェアをトータルシステムとして販売、ユーザーのスマートアグリ導入を支援する。シリーズ第1弾として、CO2 コントローラ「AGRInk - CO2CON」と農場監視システム「AGRInk - Server」を販売する。

イーソル、スマートアグリ向け製品とサービスを開発販売する
CO2 コントローラ「AGRInk - CO2CON」

AGRInk - CO2CON は、1台で、ビニールハウスなどで使われる二酸化炭素(CO2)を発生させる炭酸ガス発生機を自動制御し、施設内の CO2 濃度、および温度を記録できる CO2 コントローラ。

AGRInk - Server は、温度や湿度、日射量などの環境データを測定する装置と、クラウドサーバー上に蓄積されたデータの閲覧/分析などを管理するソフトウェアを統合化したシステム。2014年第2四半期に販売を開始する予定。

eSOL AGRInk シリーズには、イーソルの冷凍倉庫向けハンディターミナルなどのハードウェア開発で培った耐環境技術が生かされているそうだ。

今後イーソルは、生産管理システムや施設内設備を遠隔操作できる通信制御機器など、スマートアグリ市場向け製品を開発、またこれらの技術を応用した気象データや放射線データ、施設などの監視システムも開発していく予定。