日立製作所は、明るい場所でも見やすいプロジェクタの実現に向けて、高精細映像を毎秒60フレームで処理する技術を開発した。人が視認するために重要な映像成分を抽出し強調することで、プロジェクタの光源の輝度を上げずに、外光が差し込む場所などで映像を見やすく表示できる。

日立、「明るい場所でも見やすい」プロジェクタの映像表示技術を開発 補正後の映像
補正前の映像 補正後の映像

映像処理技術として従来使われていたコントラスト補正やカラーマネジメントの技術は、画面全体に一様な補正を行うため、見やすい部分が潰れてしまうことがあった。日立が開発した今回の技術は、画面内の場所ごとに映像の明るさや細かさなどを分析し、局所的に映像を補正するため、視認性を大きく向上できるそうだ。

今回の技術の特徴は大きく2つある。1つは人間の脳が色や光をどのように捉えるのかをモデル化した Retinex(レティネックス) 理論を応用し、視覚性向上のアルゴリズムを開発したことだ。このアルゴリズムは、視認性に影響する複数の光成分を分離し、映像の明るさ、細かさ、色合いなどの特徴に応じてそれぞれを強調した後、合成する。もう1つの特徴は、高精細映像のリアルタイム処理と小型化だ。Retinex 理論を応用した映像補正は光成分の分離に大量の演算を必要とするため、処理時間などが課題となっていた。今回、ハードウェアが備える論理回路を効率よく利用するために処理順と内容を最適化することで、静止画だけでなく、映像のリアルタイムでの処理を実現した。

今後はプロジェクタ以外にも、車載モニターや監視モニターなど広範囲な分野への活用が期待できるとのことだ。