mCloud クラウドアプライアンスを開発、販売する米国 Morphlabs の日本法人、モーフ・ラボは、クラウド関連のシステムインテグレーション(SI)事業や OSS 技術の教育事業を行う子会社、アセアン・ラボを設立した。

アセアン・ラボでは、また、ASEAN 地域の顧客実績を踏まえて、日本の IT 関連企業のフィリピン、インドネシア、シンガポールなどの ASEAN 地域への進出を支援するコンサルティング事業も行う計画。

親会社である Morphlabs が製品のアーキテクチャを米国で開発するほか、ユーザーインターフェイスの開発/QA/サポートはフィリピンの拠点で行う。

モーフ・ラボでは、クラウド環境の構築/管理を製品化、クラウド基盤ソフトウェアとして、mCloud シリーズを販売している。mCloud シリーズは、OpenStack、KVM、Nexenta、Zenoss、Puppet などの OSS 技術を活用し、iDC 事業者や SaaS 販売 ISV などが利用しやすいように、独自の Ruby on Rails ベースのユーザーインターフェイスや運用管理機能を組み合わせている。

今回設立したアセアン・ラボでは、モーフ・ラボの技術力とノウハウを SI サービスとして、クラウドサービス事業者などに販売する。具体的には、教育事業、事業システムインテグレーション事業、ASEAN 地域への進出支援コンサルティング事業の3つの事業を展開していく。

教育事業は、初年度、数社の教育事業者と提携し、年度末までに OSS 関連の教育コースを毎週開催する予定。クラウドインテグレーション事業は、初年度で10社のインフラを構築、コンサルティング事業では、初年度で5社の支援を予定している。なお、3事業を合せて、今後3年間で20億円の売上を計画している。

OSS 関連の教育コースでは、クラウド管理フレームワーク OpenStack のトレーニングコースを、パートナー企業(NECラーニング)との協業により提供する。トレーニングコースはハンズオンに特化し、合計5日間で、概要から構築、設定/チューニング、トラブルシューティングまでをカバーする。

アセアン・ラボの OpenStack トレーニングコースマニュアル、講義などはすべて日本語だが、これらのトレーニングコースは、OpenStack Foundation の承認プロセスを経たオフィシャルプログラムだそうだ。

モーフ・ラボ、OpenStack 公認トレーニングなどを行う子会社を設立
教育プログラム