Smartheart Japan は、スマートフォンを介して心電図を伝送出来る個人用ポータブル心電計「smartheart(スマートハート)」の国内販売を2月3日より開始した。価格は10万円。Web サイトおよび電話受付にて販売中。

医療機器も“スマート化”、スマホと連携した個人用ポータブル心電計「smartheart」販売開始
個人用ポータブル心電計「smartheart」

スマートハートは、個人向け遠隔医療サポート分野を20年以上にわたりリードするイスラエルの SHL Telemedicine が開発した個人用ポータブル心電計。病院で使用されている心電計と同じ12誘導で、精度の高い心電図測定ができる。

測定方法は、専用アプリケーションの指示に従って胴体に電極ベルトを巻くだけで、ジェルは不要。測定時間約30秒でスマートフォンやタブレットに心電図を表示する。装置は年齢や体型に合わせて S/M/L/XL の4サイズから選択でき、重さはスマートフォンの半分程度。 測定した心電図データを端末からかかりつけの医師や医療機関に伝送することで、タイムリーなアドバイスを受けることができるという。

心電図測定時のスマートフォン画面
心電図測定時のスマートフォン画面

また、有料オプションのフィードバック サービスでは、イスラエル SHL 遠隔医療センターの専門スタッフが、24時間年中無休で送信された心電図データを解析し、十数分以内に適切なフィードバックを提供する。

同デバイスは、ヨーロッパで CE マークを取得し、米国 FDA の承認ならびに、日本においても厚生労働省の医療機器承認に基き販売の許認可を得ている。