日本電信電話(NTT)は、Wi-Fi 接続されたスマートフォンから送信される遅延の異なった複数の音声信号を適切に混合し、聞き手が聞き取りやすい高音質な音に補正する「振幅スペクトルビームフォーマ技術」を開発した。

これまで、スマートフォンなどの機器のマイク信号をデジタル信号として無線 LAN(Wi-Fi)を介してミックスした場合、各機器のサンプリング周波数の微小なずれや、機器の持つ遅延の差異により、音が2重に聞こえたり、音質が大幅に劣化するなどの課題があり、実際にスマートフォンが拡張マイクの役割を果たすといったサービスは実現していなかった。

今回 NTT メディアインテリジェンス研究所が開発した「振幅スペクトルビームフォーマ技術」は、非同期のマイクを利用して話者ごとに音を分離することで、音質の劣化をおさえた音声ミキシングを可能とするもの。同技術を組み込んだアプリをスマートフォンにインストールすることで、スマートフォンがワイヤレス拡張マイクとして機能するという。

NTT、スマホを拡張マイクにする“ワイヤレスマイク技術”を開発
「振幅スペクトルビームフォーマ技術」の利用イメージ

同社は今後、テレビ電話やテレビ会議の拡張マイクへの活用をはじめ、複数人が参加する音声通話や遠くの人の声を収録するビデオ撮影など、さまざまな用途への展開を目指していくとしている。