昨日、私は Naoki Hiroshima 氏の Twitter アカウント「@N」 がどのようにして奪われたのかについて書いた。この一件では、PayPal や GoDaddy の対応がクローズアップされていた。

多くのメディアがこの件を取りあげた結果、PayPal と GoDaddy はそれぞれ公式の声明を出すに至っている。

PayPal は声明の中で、カスタマーサービス担当者が Hiroshima 氏のクレジットカード情報を第三者に漏らした形跡は見つからなかったと報告した。

「PayPal は、記録を注意深く検証した結果、PayPal にコンタクトを取ることで Hiroshima 氏の情報を得ようとする試みがあったことを確認した。だが、この試みは失敗に終わっている。≪中略≫ 我々のカスタマーサービスは、Blog に投稿されたようななりすまし詐欺を防ぐため、十分なトレーニングを受けている」

PayPal はまた、Hiroshima 氏とコンタクトを取り、同氏の手助けをしたいと述べている。

GoDaddy の Todd Redfoot 氏は、アタッカーは GoDaddy にコンタクトを取る前に、すでに Hiroshima 氏のアカウントについて多くの情報を取得していたと述べた。

「その後、アタッカーはなりすまし詐欺を働き、従業員から顧客アカウントへのアクセスに必要な残りの情報を得ようとした。Hiroshima 氏は GoDaddy アカウントへのフルアクセスをその後回復している。我々は、他のプロバイダーからのサービスを復旧させるために、業界のパートナーと協働している」

GoDaddy は顧客に対してより高いセキュリティを提供するため、従業員トレーニングも変更し、アタッカーによる手口の一歩先を行くために必要な措置を取っていくとしている。

Twitter は?

この一件でもっともショッキングなのは、Twitter による対応だろう。メディアからこれだけの注目を浴びながら、Hiroshima 氏は「@N」アカウントを回復できないでいる。

Twitter で広報を担当する Jim Prosser 氏は eWeek の取材に対し、次のように回答した。

「我々はその件について調査をしている。だが、個々のアカウントについてコメントはしない」

Hiroshima 氏によれば、Twitter は「@N」アカウントを取り戻したいという同氏の要求を無視しているという。現時点では、Hiroshima 氏は @N_is_stolen アカウントを利用しており、そのアカウントに次の投稿をしている。

「Twitter は私の要求を無視し、誰かが @N を勝手に使うのを放置しているようだ。まじかよ?」

続報:5万ドルの価値がある Twitter アカウント「@N」が奪われた件に対する、Twitter、PayPal、GoDaddy の対応は?

PayPal と GoDaddy がこの件についての調査や再発防止策を実施しているのは良いことだ。電話を使ってなりすまし詐欺を働き、個人のデジタルライフを消去可能な人々を騙すアタッカーが存在するというのは、とても深刻なリスクだ。

Twitter が正しい対策を講じてくれることを願う。そして、「@N」を巡る戦いが、一日も早くハッピーエンドを迎えることを祈っている。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。