米国 Google は、地図サービス「Google マップ(Google Maps)」における、アジア圏の各国で人気の「ストリートビュー(Street View)」ランキングを日本版公式ブログで発表した。

日本、香港、台湾をはじめとしたアジア圏で、最も人気のあったストリートビューは、水の都「ベネチア」や世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」をおさえ、「富士山」が1位となった。また、香港や台湾のランキングには「由布院」や「ハウステンボス」、「道頓堀」などの日本の観光地が多数ランクイン。日本への高い関心がうかがえる結果になったという。

アジアで人気のストリートビューはあの世界遺産--ランキングと新しいビュー公開
富士山 山頂(出典:Google)

アジアで人気の世界のストリートビューランキング

1.富士山
2.ブルジュ・ハリファ
3.ベネチア
4.エッフェル塔
4.端島(軍艦島)
5.大阪城公園
6.由布院
7.シャン・ド・マルス公園
8.セントラルパーク
9.グランドキャニオン

一方で、日本で人気だった海外エリアからは、ハワイやヨーロッパ都市への根強い人気がうかがえた。

日本で人気の海外のストリートビューランキング

1.Kapiolani Kuhio Beach (ハワイ クヒオビーチ)
2.Canali di Venezia (ベネチア)
3.Grand Canyon (グランドキャニオン)
4.Milano City Center (ミラノ)
5.Le Mont Saint Michel(モンサンミッシェル)
6.Midway Atoll (ミッドウェイ諸島)
7.Anfiteatro Flavio (コロッセオ)
8.Galapagos(ガラパゴス諸島)
9.Eifel Tower/Champ de Mars (エッフェル塔)
10.Ala Moana Regional Park(ハワイ アラモアナビーチパーク)

なお、同社は1月下旬に撮影したみやぎ蔵王の樹氷画像をストリートビューで新たに公開したほか、フィリピン国内のストリートビュー撮影も開始。現在、マニラ周辺の画像を一部公開している。

宮城 蔵王(出典:Google)
宮城 蔵王(出典:Google)