ビッグデータ統合基盤の Talend は、OSS として提供している統合基盤ソフトウェア「Talend Open Studio」シリーズのライセンスを、GPL から Apache ライセンスに移行する、と発表した。

Apache ライセンスに移行することで、ソフトウェアベンダーなどが Talend 技術を自社製品に組み込んで利用しやすくなる一方、Talend 技術の広範な利用が促進されることが期待されている。

OSS で提供されている「Talend Open Studio」シリーズには、ビッグデータのロード/抽出/変換/処理を行う「Talend Open Studio for Big Data」、さまざまなシステム上のデータ変換、連携処理を行う「Talend Open Studio for Data Integration」、データ品質を高めるためのクレンジング処理を行う「Talend Open Studio for Data Quality」、ESB(Enterprise Service Bus)の「Talend Open Studio for ESB」、マスターデータを管理する「Talend Open Studio for MDM」の5つのツールがある。

このうち、Apache Hadoop に対応した Talend Open Studio for Big Data は、2012年の発表当初から、Apache ライセンスで提供してきた。

また、Talend Open Studio for Data Integration と Talend Open Studio for Data Quality、Talend Open Studio for ESB は、ライセンス移行の最初のステップとして、従来の GPL ライセンスから LGPL ライセンスに移行しており、2014年内に Apache ライセンスに移行する予定。