ネットワークセキュリティ技術のチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社の「Application Control Software Blade」が「Baidu IME」への対応を開始したことを発表した。

これにより、Baidu IME と「Simeji」のクラウドを利用する機能やログ送信を検知し、許可またはブロックできるようになる。

Baidu(百度) の Windows 向け日本語入力システム Baidu IME と、Android 向け日本語入力アプリ Simeji は、クラウド上のサーバーを通して最新言語などに変換できる変換方法と機能を提供しているが、この Baidu IME は、クラウド入力機能がオフになっている場合でも、入力情報とその他の情報が Baidu のサーバーに無断で送信されていたことが判明、問題視されていた。

Application Control Software Blade が、Baidu IME と Simeji に対応することにより、意図しないクラウド機能の有効化状態、規定に違反して意図的にクラウド機能を利用するユーザー、またはソフトウェアの不具合によるサーバーへの情報送信などのリスクに対し、組織のセキュリティポリシーにもとづいて、Baidu IME と Simeji の利用を制御できるようになる。