Juniper Networks は、仮想化セキュリティ製品群「Firefly Suite」を発表した。製品群には、サービスゲートウェイ「SRX シリーズ」の仮想版となる「Firefly Perimeter」と、「Firefly Perimeter」の管理とデプロイメントを自動化するアプリケーション「Junos Space Virtual Director」が含まれている。

仮想マシン(VM)間でハイパーバイザーベースの保護を行う「Firefly Host」の機能拡張との組合せにより、この製品群は、仮想データセンター内と仮想データセンター間のトラフィックを保護する。

Firefly Suite は、ハイパーバイザー自体、あるいは各種の仮想ネットワークに接続された仮想マシンとして、仮想環境全体に組み込むことができるそうだ。Firefly Suite には、Firefly Perimeter、Junos Space Virtual Director、Firefly Host の3つの主要コンポーネントがある。

Firefly Perimeter は、サービスゲートウェイ SRX シリーズの仮想/ソフトウェアベース版。

高可用性、ゾーン、企業組織、事業およびアプリケーション間をきめ細かくセグメンテーションするセキュリティに加え、NAT、ルーティング、VPN などの接続方法を提供する。各部門、アプリケーションまたはテナントのセキュリティ仮想マシンとして、一括あるいは個別で管理できる。

同社のオーバーレイ型の仮想ネットワークソフトウェア「Contrail」は、仮想ファイアウォールの主力製品である Firefly Perimeter とシームレスに統合、クラウド環境でチューニングされた、仮想/物理セキュリティサービスを動的にプロビジョニングする。

Junos Space Virtual Director は、Junos Space の新アプリケーション。Firefly Perimeter 仮想マシンのライフサイクルを完全に管理できるもの。これにより、Firefly Perimeter 仮想マシンのプロビジョニングとリソース配分を自動化できる。

タスク指向ワークフロー、検証済み設定、サードパーティによる管理プラットフォームとの統合向けにオープン API を採用している。

Firefly Host(旧:vGW Virtual Gateway)は、仮想マシン内のトラフィックを保護する仮想化専用ファイアウォール。

統合型侵入検知システム(IDS)、仮想化に特化したアンチウィルス(AV)保護、コンプライアンスツールなど、仮想マシン間の水平トラフィックに対するハイパーバイザーベースのステートフルファイアウォールを提供する。

Firefly Host は、VMWare ハイパーバイザーと VMWare 管理フレームワークに緊密に統合されている。