データセンター向けインフラ、エネルギー管理ソリューションのラリタン・ジャパンは、リモートからユニット単位で電力を計測できる、メータータイプのインテリジェント PDU(Power Distribution Unit)「PXE」シリーズ7機種の販売を開始した。

ラリタン、機能を絞り価格を抑えたインテリジェント PDU を販売
製品画像 PXE-1384J-N1(200V、30A、0U、16アウトレット)

PXE シリーズは、ラリタンのインテリジェント PDU のうち、PDU 単位で電力を計測できる、ベーシックなタイプの PDU。ハイエンド向け PDU の基本技術を継承しながら機能を絞り、コストを抑えた。

推奨小売価格は、PXE-1138JR が4万8,900円から。

リモートから PDU 単位で、電流(A)、電圧(V)、電力(kVA、kW)、電力量(kWh)、力率(Pf)を計測できる。

また、オプションの環境センサーを追加すると、温度、湿度、気流、差圧、接触検知、水漏れなど、ラック周囲のインフラ環境も統合的に管理できるので、環境監視用のツールを追加で導入する必要がない。

電力・環境の使用状況は Web ブラウザでリアルタイムに把握できる。

スクリーンショット:シリアル番号、センサーの種類、名前、測定値、状態が表示される
スクリーンショット:シリアル番号、センサーの種類、名前、測定値、状態が表示される

さらに、ラリタンの DCIM モニタリングツール「Power IQ」と併用すると、他社製の既設インテリジェント PDU、UPS、CRAC、分電盤など、ファシリティ全体をリアルタイムで監視できるそうだ。