キングジムは、手元の対象物を撮影して、画像データを自動的にパソコンへ取り込める「カメラ付マウス」を1月31日に発売する。税込希望小売価格は4,200円。初年度販売目標数量は1万台。

キングジム、“カメラ付きマウス”を発売
キングジム、“カメラ付きマウス”を発売

「カメラ付きマウス」を使えば、画像の貼付が必要な際に、手元で撮影して手間なくパソコンに取り込むことができるという。

付属の専用ソフトを立ち上げ、マウス底面の「切り替えカバー」をスライドさせると、カメラが起動する。パソコン画面がカメラのディスプレイ代わりになるので、被写体を確認しながら、適当なところでマウス横のシャッターボタンを押して撮影できる。

マウス底面のカメラ
マウス底面のカメラ

撮影した画像データは直接パソコンに保存され、専用ソフトでトリミングやコントラスト、明るさを調整したり、テキスト入力やペンツールでの追記が可能。

また、画像1枚当たりのデータ容量が約300〜500KB なので、データを圧縮せずにメールに添付することができる。写真撮影だけでなく、動画の撮影や、QRコードの読み取りも可能。保存形式は、写真は JPEG、BMP、PNG の3種類、動画は WMV、AVI の2種類から選べる。