ソフトバンクグループの SB クリエイティブは、インテルの協力のもと、小売店向けデジタルサイネージ「インテリジェント・シェルフ」を開発。第一弾として、書店向けの「インテリジェント・ブックシェルフ」サービスを、4月以降全国の書店で順次展開していく。

次世代本棚「インテリジェント・ブックシェルフ」、通りがかると情報発信
「インテリジェント・ブックシェルフ」イメージ

インテリジェント・シェルフは、設置施設のユーザビリティを最大化することを目的に開発された“情報発信ステーション”。小売店やショール―ム、ミュージアムなどの施設の商品棚に、インテルが開発した小型デジタルサイネージ「インテリジェント・ラベル」および情報発信の機能を付加して、訪れたユーザーに様々な情報を発信する。また、デジタルコンテンツや店頭にない商品も、同機能を活用することでユーザーに届けることが出来るという。

書店向けのインテリジェント・ブックシェルフは、まず、ハーレクインが全国の書店に設置するハーレクイン専用の本棚として展開予定。本棚には近距離無線端末を搭載し、機器間通信(M2M)を実現することにより、ユーザー端末とのインタラクティブなコミュニケーションが可能となる。たとえば、陳列している書籍の詳細情報、シリーズやバックナンバーなどの関連情報、新刊予告やその書店情報などの情報を発信していくそうだ。