「Google Now」がパソコンのデスクトップにやってきた。 Web ブラウザ「Chrome」を使っていれば、スマートフォンで受け取った各種の通知を同期してパソコンでも表示できる。

「Google Now」がデスクトップにやってきた! 天気や交通情報をタイミングよく通知
Chromeの実験版で設定する

Google Now は現在位置の天気や、通勤経路の交通情報、 Gmail で受け取ったフライト情報などをそれぞれカード形式にまとめ、必要になりそうなときにタイミングよく通知する。2012年に登場した「Android 4.1」以上を搭載したスマートフォンやタブレットを使っていれば、目にすることも多いだろう。「Siri」に慣れている iPhone や iPad の利用者にはややなじみが薄いかもしれないが、「Google 検索」の iOS 向けアプリケーションをインストールすれば利用できる。

Google はこの機能をパソコンでも使えるよう計画を進めている。最近になって、パソコン向け Chrome の実験版「Canary」に、 Google Now が組み込んであることを利用者が発見し、さっそく情報が広まった。

「Canary」 をダウンロードして試してみよう
「Canary」 をダウンロードして試してみよう

使い方はこうだ。まず Canary に Google のアカウントでログインし、検索ボックスに「chrome://flags/#enable-google-now」と入力する。すると設定画面が立ち上がり、「Google Now の通知サポートを有効にします」という項目が現れる。そこでプルダウンメニューから「有効」を選ぶと、スマートフォンとの同期が始まる。もしGoogle Nowの通知がうっとうしく思えてきたら、いつでも無効にできる。

もちろん、スマートフォンやタブレットで Google Now を使っていないと、この設定をしても意味はない。 iPhone、 iPad 利用者は事前に Google 検索アプリを入れておくなど準備をしておこう。