米国 Symantec は、漫画のスキャンレーションサービスにまつわるサイバー犯罪の最新情報をその公式 Blog で日本語で公開した。 多くのスキャンレーションサイトがマルバタイジングや悪用コードによって悪質なリダイレクト先にリンクされており、漫画を収集する Android アプリケーションの利用にも注意を促している。

スキャンレーションとは、海外で未翻訳の漫画をスキャンして、自主的に翻訳版を制作する行為。人気の漫画を翻訳を待たずにいち早く読みたいというニーズから流行し、巨大なスキャンレーションサイトがオンラインで無料の漫画を提供するようになっている。

著作権侵害も無視できないほか、サイトの収益として利用されている広告に悪質なものがあり、無防備な漫画ファンを対象としたサイバー犯罪の新しい手口となっているという。