去年に比べてあなたの知識、スキルはどこまで向上しただろうか。これからエンジニアを目指す人にも、あらためて自分の力を確認したい人にも、ふさわしい腕試し「情報処理技術者試験」の申し込み受け付けが今年も始まった。

 いざ、うで試し!ITの国家資格「情報処理技術者」春の試験が受付開始
情報処理技術者試験は硬派なイメージのポスターを採用している

情報処理技術者試験といえば、 IT にかかわる国家資格として、経済産業省の所管する情報処理推進機構(IPA)が春と秋の2回実施しており、例年多くの人が参加する。

ソフトウエア、サービスの開発から管理、保守、セキュリティ監査まで、所属する業種、職種ごとに能力を測れる幾つもの資格がある。会社や学校で団体として申し込むところが多いが、個人でも IPA のサイトから簡単に受験手続きができる。2014年春季試験の申し込み期限は2月10日まで。受験手数料は1回5,100円。決済方法はクレジットカード、コンビニエンスストア支払、それに金融機関の現金自動預払機(ATM)などから利用できる「Pay-easy (ペイジー)」だ。

春季試験の実施予定日は4月20日。1月中に申し込むと、その後3か月は準備期間がとれ、素養があれば十分に合格を狙える。初めて挑むのであれば基本情報技術者(FE)試験がよいだろう。
 
資格は幾つもあるが、最初に挑むなら基本情報技術者がよいだろう
資格は幾つもあるが、最初に挑むなら基本情報技術者がよいだろう

参考書の類は書店でも販売しているが、IPAのサイトでは過去10年分の過去問題を解答例や講評付きで公開しているため、これらを解くだけでもかなり役に立つ。