米国 Google は、Web メール サービス「Gmail」の機能を強化し、メールアドレスを知らない相手にでも SNS「Google+」のユーザーであればメールを送れるようにした。同社は、数日中に同機能を全 Gmail/Google+ のユーザーへ提供する予定。

同機能が利用可能になると、メール作成時に送信先アドレスを入力する際、宛先候補として登録済みのメールアドレスだけでなく、Google+ 上の知人も表示される。この方法でメールを作成する場合、送信相手のメールアドレスは表示されない。自分のメールアドレスは、メールを送ると送信相手に伝わる。メールを受け取った相手が返信してくると、送信相手のメールアドレスが初めてわかる。

Google「Gmail」、アドレスを知らない「Google+」ユーザーへメール送信可能に
Google+ のユーザーが宛先候補に現れる

また、この機能を使ったメール受信は、受け取る側のユーザーの設定で拒否可能だ。同機能が使えるようになると、Gmail の設定画面の「全般」タブに「Google+ 経由でのメール送信」という項目が現れ、送信できるユーザーを「Google+ のすべてのユーザー」「友だちの友だちサークル」「サークル」のいずれかに制限できる。送信を「誰にも許可しない」という設定も選べる。

受信するかどうかは選択可能
受信するかどうかは選択可能

Gmail の「受信トレイ」も同機能の導入に合わせて仕様変更され、ユーザーの Google+ サークルの登録者からの届くメールは「メイン」タブに入る。サークルの日登録者から届くメールは「ソーシャル」タブに入り、区別しやすい。