ヤフーは、インスタントメッセンジャー(IM)「Yahoo! メッセンジャー」を2014年3月26日に終了すると発表した。理由は利用者減少のためとしている。一方でメールサービス「Yahoo! メール(ベータ版)」に3月上旬にも IM 機能を追加し、Yahoo! メッセンジャーの連絡先を自動で引き継ぐ。

さよなら「Yahoo! メッセンジャー」3月で終了、「Yahoo! メール」にチャット機能を追加
Yahoo!メッセンジャーは14年の歴史に幕を下ろす

Yahoo! メッセンジャーは、2000年にサービスを開始し、日本マイクロソフトの「MSNメッセンジャー」(すでに Skype に統合済み)などとともに人気を集めた。しかし最近は利用者の減少が著しかったという。サービス終了に伴い、Windows、Mac、iPhone 向けアプリ、Web サイト版ともに、3月26日以降はログインできなくなる。

Yahoo! メッセンジャー上の連絡先は Yahoo! メールに自動で引き継げる。しかし会話の履歴は引き継げないため、保存しておきたければ3月26日までに Windows、Mac 向けアプリからダウンロードしておく必要がある。

また「ヤフオク!」「Yahoo! ファイナンス」「Yahoo! カレンダー」などのアラートを Yahoo! メッセンジャーで受け取っていた人は、新たな通知先としてメールアドレスを指定し直すよう、ヤフーは案内している。多くのサービスは1月中に Yahoo! メッセンジャーへのアラート機能を終了する。

これに加え、従来は個人サイトなどで Yahoo! メッセンジャーのオンライン、オフライン状態を示すアイコンを表示できたが、今後は正常に機能しなくなる。

Yahoo! メッセンジャーのような IM が利用者を減らした背景には「LINE」など新サービスの台頭があると見られる。ヤフーは Yahoo! メールに IM 機能を追加して活性化を図るほか、子会社が運営する LINE の競合サービス「カカオトーク」も Yahoo! メッセンジャーの代替手段の1つとして案内している。