ソニーは、何もない壁に大画面・高精細な映像を出現させる、4K 超短焦点プロジェクタを開発した。壁際に設置するだけで、最大147インチの高解像度映像を投影できるという。

プロジェクタの設置には特殊な工事は不要。壁際に置いて人影の映り込みを避けることで、没入感ある大画面映像を楽しめるそうだ。プロジェクタ本体は、リビングの空間に自然に溶け込むように家具のようなデザインとなっている。

このプロジェクタは、ソニー独自の 4K コンテンツサービス「VideoUnlimited 4K」映像(2014年1月時点、米国国内のみでサービスを提供)や 4K 対応ハンディカムで撮影した 4K 映像、高精細の静止画像を壁一面に投影できる。

ソニーではこの 4K 超短焦点プロジェクタを今年夏までに米国で商品化、約3万〜4万ドルで販売するそうだ。なお、この開発試作機は、ラスベガスで開催中の「2014 International CES」で、技術参考展示されている。

家具のような 4K 超短焦点プロジェクタ、ソニーが CES で参考展示
家具のような 4K プロジェクタ