中国企業 Face++ は、顔認識技術に特化した企業。同社の技術を利用すれば、写真に撮影された人の顔から、その人の年齢、性別などを判別できる。Face++ には顔検索機能も搭載されており、データベース内やインターネット上の画像から特定の人の顔や、それに似た顔を持つ画像を検索可能だ。

顔認識技術で好みの異性を探す出会い系サイト「Jiayuan.com」
Face++ による顔検索機能(デモバージョン)

Face++ の開発者は元 Microsoft のエンジニア。レストランの店員が馴染みの客の顔を見た瞬間に、その人の名前やいつものメニューを口にするのを見て、顔認証技術に取り組むことを思い立ったという。Face++ は API を提供しているため、様々なアプリに組み込むことが可能。同技術はすでに、犯罪者の捜査などにも一部利用されているという。

だが中国では、この技術が思いもよらない分野で活用されていた。

中国最大の出会い系サイト「Jiayuan.com」は、Face++ の技術を活用している企業の1つ。利用者が好みの異性の写真をアップロードすれば、その写真と似た相手を探して表示する。アップロードする写真は芸能人でもよいし、以前交際していた、忘れられない人のものでもかまわない。

Jiayuan.com の顔検索機能
Jiayuan.com の顔検索機能

Jiayuan.com は2011年第3四半期の時点での月間アクティブユーザー数が550万人を超える巨大サイト。非アクティブユーザーも含む登録ユーザー数は5,000万人を上回るという。この膨大な数の登録ユーザーから、自分好みの相手を探しだすのは困難な作業だ。サイトは高度な検索機能を備えており、居住地域や年齢、学歴、身長、年収などの他、持ち家か借家か、自動車を保有しているか、結婚歴はあるか、といった様々な条件で絞り込み検索が可能になっている。だがそれでも、好みの異性を見つけるにはかなりの時間がかかるため、顔検索機能の導入が試みられたそうだ。

Jiayuan.com の検索画面
Jiayuan.com の検索画面

現時点では Face++ の顔検索機能の精度は、Google の画像検索機能に及ばないという。Jiayuan.com の顔検索でピックアップされた異性が、自分好みである可能性は、あまり高くはないかもしれない。だが、男女の出会いに画像検索を利用するという発想は斬新であるし、顔検索が連日実施されることでデータが蓄積し、それが Face++ にフィードバックされることで検索精度が高まっていく可能性は否定できないだろう。