米国 Apple は12月19日、6月の WWDC で公開したデスクトップ PC「Mac Pro」の予約受付を開始した。同社のオンライン Mac ストアから購入できる。

Mac のゴミ箱アイコンを新型 Mac Pro 風に! ― Mac Pro 予約受付開始を記念して
Apple の新型 Mac Pro

Mac Pro には次世代の NAND フラッシュがストレージとして採用されており、リード・ライト速度は 7,200 prm の SATA ハードドライブより、最大で10倍高速だという。ストレージ容量は標準で 256GB、最大で 1TB まで拡張可能だ。

価格はクアッドコア、デュアル GPU モデルが31万8,800円から、6コア、デュアル GPU モデルが41万8,800円から。

Mac Pro 基本構成価格
Mac Pro 基本構成価格

最高スペックで構成した場合、その価格は100万円を超えるものになる。

最高スペック構成の Mac Pro に、周辺機器を追加した価格例
最高スペック構成の Mac Pro に、周辺機器を追加した価格例
インターネットコム編集部の予算では
消費税を払うのがやっとだ

Mac Pro の発送時期は、記事執筆時点では2月となっている。

さて、Mac Pro の予約受付が開始されたことを受け、ゲーム開発者の Jonathan Hirz 氏は Mac 用の「Mac Pro 風ゴミ箱アイコン」をデザインし公開した。
 
Jonathan Hirz 氏がデザインした Mac Pro のゴミ箱アイコン
Jonathan Hirz 氏がデザインした Mac Pro 風ゴミ箱アイコン
こちらはゴミが入った状態のアイコン表示
こちらはゴミが入った状態のアイコン表示
Mac Pro をゴミ箱として使う
なんという贅沢!

インターネットコム編集部では、Hirz 氏がデザインしたアイコンを入手。Mac のゴミ箱アイコンを変更し、Mac Pro 気分を味わうことにした。

変更手順は次の通り。

1. Jonathan Hirz 氏 Blog サイトの当該ページ「Mac Pro Trash Icon」にアクセス

2. Blog 記事中、「Download Here」とある箇所をクリックしてアイコンファイルをダウンロード

3. ダウンロードしたファイルを解凍

4.「Machintosh HD」→「システム」→「ライブラリ」→「CoreServices」に移動し、「Dock.app」を右クリックして「パッケージの内容を表示」を選択する

5. 「Contents」→「Resources」にアクセスし、「trashempty.png」「trashempty@2x.png」「trashfull.png」「trashfull@2x.png」の4ファイルをバックアップする

6. 手順2 で解凍した .png ファイルを「Resources」フォルダ内にコピーする

7. ターミナルを起動し、「killall Dock」を実行

上記の操作により、Mac のゴミ箱アイコンは Mac Pro デザインのものと置き換えられる。

インターネットコム編集部の Mac も、ゴミ箱が Mac Pro デザインに!
インターネットコム編集部の Mac も、ゴミ箱が Mac Pro デザインに!

ゴミ箱アイコンが Mac Pro デザインになったところで、誰も得はしない。だが高価な Mac Pro を、仮想的とはいえゴミ箱に使用している気分は悪くない。年末に向けた、プチ贅沢といったところか。

なお Hirz 氏によると、Mac を再起動するとゴミ箱の表示がオリジナルアイコンに戻ってしまうという問題が報告されているそうだ。この現象が発生した場合でも、ファイルをゴミ箱に捨てれば、Mac Pro アイコンが表示されるという。これ以外にも問題が発生する可能性はあるので、アイコン変更は Mac のシステムをある程度理解している人による実施をお勧めする。