米国 Amazon.com の関連会社である Amazon Web Services(AWS)は、リアルタイムデータストリーミングサービス「Amazon Kinesis」の一般提供を開始した。

Amazon Kinesis を利用すると、多数のソースから1時間あたり数 TB のデータを保存、処理できるようになる。

また、Web サイトのクリックストリーム、マーケティングや財務に関連するトランザクション、ソーシャルメディアからのフィード、ログや計測データ、位置情報の追跡機能を用いたイベントなど、リアルタイムデータを処理するアプリケーションを、より簡単に構成できるようになる。

Amazon Kinesis 対応のアプリケーションを使うと、リアルタイムのタイムダッシュボード機能の強化やアラートを作成できる。

さらに、「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)、「Amazon Elastic Map Reduce」(Amazon EMR)、「Amazon Redshift」などの他のビッグデータサービスにデータを送信できる。

これまで、ビッグデータの大半は、Hadoop のようなバッチ指向のアプローチ、あるいは DWH(データウェアハウス)などのデータベース技術で処理されてきたが、これらのシステムはデータをバッチ単位で保存、処理するため、リアルタイムで急激に変化するデータのストリーミングフィード処理が必要なアプリケーションには対応できない。

Amazon Kinesis は、面倒な開発作業をすべて引き受け、データを簡単に取り込んで保存、1時間当たり KB から TB 規模まで拡張できる、完全に管理されたサービス。