NEC は、イオンが12月20日にオープンする、イオンモールの旗艦店「イオンモール幕張新都心」で、「EV・PHV 充電クラウドサービス」(EV:電気自動車、PHV:プラグインハイブリッド自動車)を開始する。

NEC ではこのサービスを開始するにあたり、「イオンモール幕張新都心」に急速充電器、普通充電器、充電コントローラを設置する。また、NEC は、充電器を NEC のクラウドにネットワーク接続し、電子マネー「WAON」による充電器の利用者認証や監視制御(運用/障害情報)、Web やカーナビへの充電器の利用状況(満空情報)の情報提供など、充電器利用に関するサービスを行う。

イオンは、12月20日から「イオンモール幕張新都心」の来場者向けに充電サービスを開始し、2014年春からは WAON による会員認証サービスを行う予定。

今回の「イオンモール幕張新都心」をはじめ、すでにイオンが全国50か所に設置している EV 充電ステーションでは、イオングループで総合ファシリティマネジメントサービスを運営するイオンディライトと NEC が構築した EV 充電サービスが運用されているそうだ。

NEC、「イオンモール幕張新都心」で EV・PHV 充電クラウドサービスを開始
「イオンモール幕張新都心」に設置された EV・PHV 急速/普通充電器、充電コントローラ