NEC ソフトは、利用者が使用する言葉を自動学習する文字入力支援システムを開発した。

NEC ソフト、利用者が使う言葉を自動学習する文字入力支援システムを開発
画面イメージ

近年、入力候補を表示する自動補完機能や、人の声を使用して直接入力できる音声入力機能など、文字入力を支援する仕組みが普及しているが、一般的な辞書に掲載されていない専門用語はシステムが認識できないため、利用者自身の手で入力するか、新たに辞書を作成する必要がある。

同社が今回開発したシステムは、蓄積した文書の中から利用者が日ごろ使用している言葉を学習し、入力支援に利用する辞書を自動で作成。固有名詞や専門用語も、自動補完や音声入力ができるようになる。また、同社独自の圧縮検索技術を用いることで、スマートデバイスのような記憶容量が少ない環境でも入力支援を可能にする。