ウェザーニューズは12月13日、「ふたご座流星群」が観測ピークを迎える12月14日の天気傾向を発表した。当日は冬型の気圧配置となるため、北〜西日本の日本海側では観測が難しそうだが、太平洋側では雲が少なく、特に関東では観測のチャンスとなるという。

■ふたご座流星群とは

ふたご座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」と並ぶ3大流星群の1つ。毎年12月14日頃に観測ピークを迎える。地球が小惑星ファエトンの軌道上を通過する際、大気にその宇宙塵が飛び込むことで発生する流星群で、条件が整えば一晩に500個を超える流星を観測できることもある。

「ふたご座流星群」、明日(12月14日)観測ピーク ― ウェザーニューズ、最新の天気傾向を発表
ふたご座流星群の放射点(出典:ウェザーニューズ)

今年は月齢11の月明かりのため、観測条件は良いとは言えないが、月の入り後の時間帯であれば観測はしやすくなる。それ以前の時間帯では、月のある西の空に背を向けての観測がおススメ。

■12月14日の天気は?

ふたご座流星群がピークとなる14日は、冬型の気圧配置となる。このため、北〜西日本の日本海側ほど雲が多く、流星の観測は雲の隙間からとなりそう。太平洋側ほど雲が少なく、観測できる予想だが、日本海側から雲が流れ込み、太平洋側でも雲が増える可能性がある。

ふたご座流星群観測可能エリア予想マップ
ふたご座流星群観測可能エリア予想マップ
(出典:ウェザーニューズ)
*クリックして「流星見えるかなマップ」に移動

今回の情報は12月13日時点での予報をもとにした見解となっている。最新の天気については、同社 PC 向けサイト「ウェザーニュース」の「流星見えるかなマップ」、およびスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空Ch.』で確認されたい。

■「SOLiVE24」で「ふたご座流星群」を全国7か所から生中継

同社が運営する24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、14日22時から24時まで、全国各地から「ふたご座流星群」の生中継を行う特別番組を放送する。21時からは事前番組も放送する。

今回流星を撮影する観測スポットは、北海道(帯広畜産大学)、東北(国立天文台・水沢 VLBI 観測所)、関東(幕張テクノガーデン)、中部(国立天文台・野辺山宇宙電波観測所)、近畿(大塔コスミックパーク星のくに)、中四国(阿南市科学センター)、九州(ちばな天文台)の7か所を予定。番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『SOLiVE24 Ch.』の他、PC やテレビ(BS 910Ch)でも視聴できる。