コアマイクロシステムズは、「Cluster in a Box」(CiB)型筐体に「Windows Storage Server 2012R2」と「CloudArray」を搭載し、「Amazon S3」と「NTT コミュニケーションズ「Cloudn」をバックエンドストレージに採用した、高可用性フルアクティブ クラスタ型クラウド NAS「Hybrid CloudNAS WSS2012R2」を発表した。

販売開始は2014年1月31日。容量に応じた月額料金の選択式で利用できる。

Hybrid CloudNAS WSS2012R2 は、2U の筐体に2サーバーノードを搭載した、CiB 型のクラウド NAS。Windows Storage Server 2012R2 とクラウドストレージをシームレスに接続する CloudArray キャッシュゲートウェイで、バックエンドのクラウドストレージを高速オンプレミス NAS として使用できる。

CloudArray は、クラウドストレージを高速オンプレミスストレージに変換するキャッシュゲートウェイ。米国 TwinStrata が開発した。コアマイクロシステムズは、TwinStrata の国内唯一のパートナー。

コアマイクロ、Amazon S3 などをバックエンドストレージにする CiB 型クラウド NAS を発表
「Hybrid CloudNAS WSS2012R2」