オープンソースのクラウドプラットフォーム「OpenStack」には、多くのコード貢献者が存在している。最新版である Havana リリースでは、コードコミット数によるトップ開発者は米国 Hewlett-Packard(HP)の Monty Taylor 氏だった。

OpenStack、Python 3 でコードの統一を目指す
HP の Monty Taylor 氏

Taylor 氏は eWeek によるインタビューに答え、同氏が HP でどのような役割を果たしているか、彼のチームが OpenStack に対してどのような貢献をしているかを説明した。

Taylor 氏の主な仕事は、OpenStack の開発インフラを整えることだという。

「私は、共有ライブラリをビルドし、開発に一貫性を持たせるよう努めている」

OpenStack は Python 言語で書かれている。だが、現時点ではコード内に Python 2.6、2.7、Python 3.x など、複数のバージョンの Python 言語が混在している。Taylor 氏は時間をかけて、OpenStack のコードベースを可能な限り Python 3 で統一しようとする動きがあると述べた。

Taylor 氏によれば、この動きは HP が OpenStack に求めてるものと、直接の関係は無いという。Taylor 氏と同氏のチームのフォーカスは、OpenStack プロジェクトそのものに向けられている。だが Taylor 氏は、HP 内の他のチームと常に話し合っており、OpenStack をよりよいものにするために必要なものを学んでいるという。

「私のために働いている人の多くが、OpenStack をより良いものにするという目的にフォーカスしている」

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、InternetNews.com の主任編集者。