ウェザーニューズは、独自の超小型衛星「WNISAT-1」」(大きさ:27×27×27cm、重さ: 約 10kg)の打ち上げに成功した。同衛星を活用し、北極海を運行する船に安全な航海するための航路情報を提供する。「自社でサービスを行うためのインフラ」として人工衛星を用いるビジネスは世界でも例を見ないという。

ウェザーニューズが超小型衛星の打ち上げに成功、北極海の海氷を観測
打ち上げ状況を確認する幕張本社の管制センター

日本時間11月21日16時10分11秒にロシアのヤースヌイ宇宙基地からドニエプルロケットで打ち上げられた同衛星は、バッテリーの電圧・温度ともに正常で、非常に良好であるという。

今後、年明けの冬季海氷域での本格運用に向け順次、海氷観測に必要な機能を立ち上げていき、来年6月からは北極海航路サポート サービス「Polar Routeing」で活用する。