IT インフラソリューションのネットワールドは、米国 Fortinet の100%子会社 Coyote Point Systems のロードバランサ(負荷分散装置)新製品「Equalizer E970LX」「Equalizer E670LX」「Equalizer E470LX」3モデルの販売を開始した。

ネットワールド、120GB SSD のコヨーテロードバランサを販売
Coyote トップページ

Equalizer は、L4〜L7のロードバランシング、SSL アクセラレーションのほか、運用管理ソフトウェア「VMware vCenter Server」と連携して仮想サーバーに効率のいい負荷分散を提供するもの。

今回販売を開始する「Equalizer LX シリーズ」は、従来モデル「Equalizer GX シリーズ」と比較すると、同等モデルの通常のトラフィック処理能力は約6倍向上しているそうだ。

メモリ 4GB、120GB SSD という新しいハードウェアプラットフォームを採用し、マルチコア CPU とハイパースレッディング機能で性能が向上しており、SSL 処理能力も強化された。ファームウェアも最新バージョン(EQ/OS 10)を搭載、IPv6 に対応した。

また今回、この「Equalizer LX シリーズ」に、最大 13.0Gbps のスループットをもつ最上位モデル「Equalizer E970LX」を追加している。

ネットワールドは今年5月から、「Equalizer LX シリーズ」のエントリモデル「Equalizer E370LX」を先行販売しているが、これで同社が販売する Equalizer 製品は、エントリモデルの Equalizer E250GX、Equalizer LX シリーズとして先行販売していた Equalizer E370LX、今回の3モデルである Equalizer E470LX、Equalizer E670LX、Equalizer E970LX の全5モデルとなった。