東京工業大学(東工大)日本電気(NEC)エヌビディア・ジャパン(NVIDIA)は、東工大学術国際情報センター(GSIC)で2013年10月より稼動している共同開発スーパーコンピュータ「TSUBAME-KFC」が省電力スパコン ランキング「The Green 500 List - November 2013」で世界1位に認定されたと発表した。さらに、ビッグデータ処理の省エネルギー性を評価するランキング「The Green Graph 500 List - November 2013」の「ビックデータ部門」でも世界1位となった。

東工大/NEC などの「TSUBAME-KFC」が世界最高の省エネ スパコンに、「Green 500」「Green Graph 500」で1位獲得
TSUBAME-KFC

TSUBAME-KFC は、2010年に運用開始した「TSUBAME2.0」の後継システムである「TSUBAME3.0」およびそれ以降に向けたテストベッドシステム。KFC(Kepler Fluid Cooling)の名称が示す通り、計算ノードを油性冷却溶媒液に浸して冷却する油浸冷却技術を採用。冷却塔による大気冷却を組み合わせており、極めて少ない消費電力で冷却できるという。その結果、消費電力 1W 当たりの演算性能は 4,503.17MFLOPS となった。

各計算ノードは、1U サイズのサーバーに「Intel Xeon E5-2620 v2プロセッサ(Ivy Bridge EP)」を2個、「NVIDIA Tesla K20X GPU」を4個搭載。全体では40ノード構成で、1つの油浸ラックに収容される。システム全体の理論ピーク演算性能は 217TFLOPS(倍精度)。

また、TSUBAME2.0 をアップグレードした「TSUBAME2.5」も、消費電力 1W 当たり 3,068.71MFLOPS で The Green500 List の6位に入った。理論演算性能値は単精度 17PFLOPS、倍精度 5.7PFLOPS あり、スパコン速度ランキング「The TOP500 List November 2013」の世界11位で、日本のスパコンとしては富士通/理化学研究所の「」(世界4位)に次ぐ第2位となった。

TSUBAME2.5 (出典:GSIC)
TSUBAME2.5
(出典:GSIC)