米国 Microsoft は、Windows 8.1 向けの 3D プリントアプリケーション「3D Builder」を公開した。Windows ストアにて無償ダウンロード提供中。英語版のみ。

icrosoft、Windows 8.1 向け 3D オブジェクト作成アプリ「3D Builder」をリリース
3D プリントアプリケーション「3D Builder」 (出典:Windows Experience Blog)

Windows 8.1 は、OS として 3D プリンタや 3D データファイルの形式をサポートしており、同アプリケーションにより、3D オブジェクトの制作がより簡単になるという。3D Builder はシンプルなユーザーインターフェイスで構成され、ユーザーはカタログからオーナメントやおもちゃなど気に入ったオブジェクトを選び、拡大や回転、他のものと接合するなどして調整できる。

カタログから気に入ったオブジェクトを選択しディテールを調整(出典:Windows Experience Blog)
カタログから気に入ったオブジェクトを選択しディテールを調整
(出典:Windows Experience Blog)

3D プリンタで出力 (出典:Windows Experience Blog)
3D プリンタで出力 (出典:Windows Experience Blog)

また、他のアプリケーションで作ったデータや、Web サービスからダウンロードしたデータなども取り込める。対応する 3D データファイルの形式は、STL、OBJ、3MF。

データ出力の際は、3D プリンタも Windows 8.1 をサポートしている必要があり、3D プリンタメーカー 3D SystemsMakerBot、TierTime の3社が、ホリデーシーズンまでに対応予定とのこと。