NEC は、世界最速のコア性能を実現したというベクトル型スーパーコンピュータ「SX シリーズ」の最新モデル「SX-ACE」の販売を開始した。科学技術計算や大規模データの高速処理を得意とし、気象予報、地球環境変動解析、流体解析、ナノテクノロジーや新規素材開発などのシミュレーションで高いアプリケーション性能を実現するという。

NEC、世界最速のコア性能新型スパコン「SX-ACE」を発売
「SX-ACE」

同製品は、SX シリーズ初となるマルチコア型ベクトル CPU を搭載。世界一のコア性能とコアメモリ帯域を実現した。単一ラック当たりの性能は前機種比10倍に向上したという。

NEC の最先端 LSI テクノロジ、高密度設計、高効率冷却技術などにより、従来機種と比べ同一性能当たりの消費電力を10分の1、設置面積を5分の1に低減した。

販売価格は、レンタルで月額450万円(税込)から。

また、同社は後継機として、従来のスーパーコンピュータ領域に加え、産業応用領域やビッグデータ解析をターゲットとした次世代高性能サーバーの検討を開始した。