ウェザーニューズは、北極海域の海氷観測を目的とした超小型衛星「WNISAT-1」について、打ち上げまでの様子を「WNISAT-1」打ち上げ特設サイトで公開すると発表した。打ち上げ予定時刻は、日本時間11月21日16時10分11秒。当日までロシアの打ち上げ基地にいる同社スタッフが、衛星打ち上げの裏側や、ロシアでの日々を随時レポートするという。

ウェザーニューズの超小型衛星「WNISAT-1」22日打ち上げへ--ミッションは北極海の海氷観測
「WNISAT-1」打ち上げ特設サイト

ウェザーニューズとアクセルスペースが共同開発した WNISAT-1 は、質量10kg、27cm 四方の立方体型衛星。青、緑、赤色の可視光バンドと近赤外光バンドのカメラを搭載しており、北極海の海氷の状態を高頻度で観測する。

超小型衛星「WNISAT-1」(出典:アクセルスペース)
超小型衛星「WNISAT-1」(出典:アクセルスペース)

観測結果は、ウェザーニューズが海氷の分布予測のために利用し、北極海を通過する船舶の安全な航行に役立てるという。そのほか、CO2 の観測、火山灰拡散のモニタリング、宇宙からみた雲の高さや雷の観測、宇宙空間に発せられる発光現象の観測など、様々な取り組みが予定されている。

打ち上げは、大型衛星に付帯させ打ち上げるピギーバック方式で実施。今回はドニエプルロケットで、ロシアとカザフスタンの国境付近のヤースヌイ宇宙基地で行われる。11月15日時点の情報によると、すでにロケット先端の組み立てが完了し、打ち上げ射場までの移動用特殊車両に積み込まれたそうだ。

ロケットの衛星搭載部分が完成
ロケットの衛星搭載部分が完成