日本ストラタステクノロジーは、OpenStack ベースのクラウド基盤に高信頼性を提供するソフトウェアソリューションのベータプログラムを開始する。

クラウド基盤の利用目的が開発/テスト/試行から本格的なビジネスアプリケーションへとシフトしたため、クラウド基盤での高可用性ニーズが高まっている。そのためには、クラウド基盤の制御システム(コントロール プレーン)とその上で稼働する仮想マシン(ワークロード)との両方で、透過的な(ユーザーがその存在を意識する必要がない形で)高可用性を実現する必要がある。

日本ストラタステクノロジーは、OSS(Open Source Software)のクラウド基盤である OpenStack に同社の高信頼技術をソフトウェアとして組み込み、OpenStack のコントロールプレーン、ワークロード双方に高可用性を付与する。

ワークロードについては、仮想マシンごとに、ノンクリティカル、ビジネスクリティカル、ミッションクリティカルといった可用性レベルを、ユーザーは選択、変更できる。仮想マシン上の OS、アプリケーションなどのソフトウェアは、このソリューションの上で稼働させると、自動的に高可用性が付与される。

同社ではこれらの特徴を SDA(Software Defined Availability)と呼んでいる。

SDA の実現には、ベンダーや IT サービス会社などがエコシステムを構築する必要がある、と同社では考えている。同社は、SDN(Software Defined Networking)分野のリーディングカンパニーである ACCESS と協業、ビジネスアプリ志向型クラウド ソリューションを販売していく意向。