デスクトップ仮想化製品の米国 Parallels 日本法人、パラレルスは、Windows ベースのビジネス アプリケーションを Mac ユーザーに対してもサポートする仮想デスクトップ ソリューションの最新版「Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition」を発表した。

年間ライセンス価格は、 Mac 1台あたり1万円から(1年契約で10本購入の場合、年間サポート含む)。

また、企業向け Mac OS ビジネスのアクト・ツーと、Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition の販売で業務提携した。アクト・ツーでは、2014年1月6日に Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition の販売を開始する。

Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition の主な機能として、仮想マシンに有効期限を設定できる機能、ホスト コンピュータの起動と同時に自動起動するよう仮想マシンを設定するヘッドレスモード、などが追加された。

デスクトップ仮想化のパラレルス、Mac 用企業向けソリューション最新版「Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition」を発表
アクト・ツー 加藤幹也 代表取締役社長(写真右) と
米国 Parallels  クロスプラットフォーム事業担当プレジデント兼ゼネラルマネージャー
ジャック ズバレフ氏(写真左)