デジタルデータ放送向けソフトウェア開発のメディアキャストは、ハイブリッドキャスト用 HTML5 コンテンツ制作ツール「amphibious」(開発コード名:アンフィビアス)を開発、その試作版を11月13日〜15日に幕張メッセ「国際放送機器展」(InterBEE2013)の会場で初公開する。

amphibious はすでにいくつかの放送局で試験的に使われており、メディアキャストは今後、各局の制作・運用ニーズを組み入れながら、2014年3月を目途に製品化する計画。

ハイブリッドキャストは、放送波の中に、インターネット上のコンテンツを取得する指示を出す制御信号を組込み、テレビ放送と、HTML5 で記述された Web コンテンツを融合できるようにする次世代放送サービス。

スマートフォンやタブレット端末などのセカンドスクリーン連携もできるので、次世代テレビ放送サービスを実現する中核として注目されているそうだ。

メディアキャストは、2003年から、マウスで直観的に操作できる汎用 BML オーサリングツール「Foliage」(フォーリッジ)の販売を開始しているが、新しく開発した amphibious は、Foliage の技術やノウハウをベースに ARIB(電波産業会)が規格策定した「ARIB STD-B24 5.8」「ARIB TR-B14 5.2」「ARIB TR-B15 6.1」、ならびに、IPTV フォーラムが規格策定した「IPTVFJ STD-0011 HTML5 ブラウザ仕様 1.0」「IPTVFJ STD-0013 ハイブリッドキャスト運用規定1.0」に準拠している。