ヤフーは、9月に発表した次世代インターネットサービスに関する新コンセプトモデル「さわれる検索」について、作成した 3D データおよびアプリケーションをオープン化すると発表した。

さわれる検索とは、これまでのインターネット利用のスタイルであった文字・音声入力によって情報を「見る」「聞く」ことから、情報を「さわる」ことに発展させたコンセプトモデル。3D データベースと 3D プリンタを融合し、音声入力によって認識されたキーワードを 3D プリンタから出力し、実際の「立体物」を生成する。

ヤフー「さわれる検索」の 3D データとアプリをオープン化、200以上のデータを共有サイトへ
「さわれる検索」プロジェクトサイト

同モデルを、視覚障害をもつ子どもたちに向け具現化したプロジェクト「さわれる検索」が、9月20日から10月31日まで筑波大学附属視覚特別支援学校(盲学校)で実施され、視覚障害を持つ生徒たちが90個以上の「さわれる」を体験した。生徒たちは自分が知っているものを出力して形を再確認したり、名前は知っているが形のイメージがはっきりしないものを実際に触ることで自己の認識を補完するなど、それぞれが自由に学んだという。

出力された「自由の女神」
出力された「自由の女神」

同プロジェクトを通して、法人/個人を問わず世界中から投稿・蓄積された約240個の 3D データが「さわれる検索」マシンから検索可能になった。集まった 3D データは、MakerBot が運営する 3D データ共有コミュニティサイト「Thingiverse」にアップロードされ、無料でダウンロード提供される。また、「さわれる検索」アプリケーション(音声入力から 3D 出力までの自動化)は、ソースコード共有コミュニティサイト「GitHub」にてオープンソース化されるとのこと。

なお、「さわれる検索」マシンは筑波大学に寄贈され、年度内は塙保己一学園、横浜市立盲特別支援学校の2校への貸し出しが予定されている。

音声認識で対象を出力する「さわれる検索」マシン
音声認識で対象を出力する「さわれる検索」マシン