富士通と富士通研究所は、車載レーダーなどで使われるミリ波レーダーの干渉シミュレーション技術を開発した。

近年、車載レーダーなどでは 76GHz 帯ミリ波が利用されているが、より高い分解能が得られる 79GHz 帯ミリ波の普及も今後見込まれている。

レーダーの普及により異なる変調方式が混在して使われるようになることで、干渉の問題が起きないかを詳細に検討する技術が求められているが、ミリ波レーダーでは広い周波数帯域を使うことから、異なる方式間の干渉を汎用の PC で解析するのは、従来の技術では処理能力的に困難だという。

富士通、ミリ波レーダーの干渉シミュレーション技術を開発
レーダー間の干渉のイメージ

今回両社は異なる変調方式の干渉の数理的モデルを作成し、精度を落とさずに解析を簡略化。これにより、汎用の PC を用いて実用的なメモリ容量と計算量で干渉の解析を実現するシミュレーション技術の開発に成功した。同技術により、干渉回避アルゴリズムの開発や検証がシミュレーションで行えるため、物体の認識漏れや誤検出を防止し、信頼性の高い車載レーダーの開発が期待できるという。

干渉のシミュレーション
干渉のシミュレーション

なお、同研究開発は、総務省による電波資源拡大のための研究開発の委託研究「79GHz レーダーシステムの高度化に関する研究開発」において実施された。