VDI トータルソリューションのアセンテックは、米国 Nimble Storage と代理店契約を締結、日本国内唯一のディストリビュータとして、ハイブリッド ストレージシステム「Nimble Storage」の販売を12月下旬に開始する。

Nimble の SSD と HDD のハイブリッドストレージ、アセンテックが国内販売を開始
Nimble Storage 製品写真

Nimble Storage は、フラッシュメモリ(SSD)とハードディスク(HDD)を組み合わせた低価格のハイブリッド型ストレージ。冗長構造で可用性を高めた 3U コンパクト筐体のアプライアンスで販売される。

従来のティアリング(階層化)の概念を持たず、独自の特許技術「CASL」(Cache Accelerated Sequential Layout」により、圧縮しながらディスクに書き込み、SSD をリードキャッシュとして利用する。スナップショット機能で、データ保護やバックアップができる。

Nimble Storage  管理画面
Nimble Storage  管理画面

Nimble Storage 製品シリーズは、CPU、キャッシュ、容量の違いで 8TB モデル〜36TB モデル(実効容量は最大 50TB)までの、全7モデル。外部ディスクシェルフを利用すれば、アプライアンスあたり最大 254TB まで拡張できる。

販売価格は、8TB(Raw)エントリーモデル「Nimble Storage CS210」が390万円(税別)で、スナップショット、レプリケーションなどに必要なソフトウェア機能を、追加ライセンス費用なしで利用できる。

アセンテックでは、初年度200台の出荷を目標としている。