戸田建設日立製作所などからなる環境省浮体式洋上風力発電実証事業委託業務の受託者グループは、長崎県五島市椛島周辺海域で、日本初となる2MWの風車を搭載した商用規模浮体式洋上風力発電施設の運転を開始した。ハイブリッドスパー型としては世界初。

国内初の商用規模の浮体式洋上風力発電施設
ハイブリッドスパー型浮体式風力発電実証機

日本の排他的経済水域の洋上は風速が強く、その変動が少ないため、風力発電を利用した安定かつ効率的な再生可能エネルギーの発電が見込まれており、温室効果ガスの排出削減のために実用化が期待されている。

今回の運転では、発電効率のよい比較的深い水深の海域に対応するために、浮体式の風力発電実証機を採用。運転/保守を含めた、浮体式洋上風力発電施設の本格的な運用について知見を深めるとともに、漁業協調型の浮体式洋上風力発電を検討することを目的としている。

世界初となる「ハイブリッドスパー型」の実証機は、細長い円筒形状で上部に鋼、下部にコンクリートを使用した浮体構造の上に、風車及びタワーが海上に突出して固定されており、風や波が当たっても揺れにくいという利点を持つ。風車は、日立製作所が開発した、風車ローター面がタワーの風下側となるダウンウィンド型を採用。スパー型浮体との組み合わせでは動揺安定性に優れているという。

本事業が実施している影響調査によると、鳥類や魚類、海棲ほ乳類などへの影響は確認されておらず、浮体式洋上風力発電施設が自然環境に与える影響は小さいと考えられるが、今後、環境への影響や施設の動揺/発電状況等を観測していく。