米国 Adobe は、Scalable Vector Graphics(SVG)を扱う Web デザイナーやデベロッパー向けに、Snap.svg と呼ばれる JavaScript ライブラリを OSS として GitHub で公開した。

Snap.svg は SVG コンテンツを操作するための直感的な API。マスキング/クリッピング/パターン/フルグラデーション/グループ化などの SVG 機能をサポートする。この新しいライブラリは Adobe Edge ツール & サービスを補完するもの。

Snap.svg は Apache 2 ライセンスに基づきリリースされる。Internet Explorer 6 以降ブラウザで SVG を扱う事実上の標準となってきた Raphaël の作者、Adobe のディミトリ ブラノフスキー(Dmitry Baranovskiy)氏が新しく作成した。Raphaël とは異なり、Snap.svg は Internet Explorer 9 とそれ以降、Safari、Chrome、Firefox、Opera を含む最新のブラウザに対応する。