シャープは、タブレット端末やノート PC、カーナビゲーションなどに搭載することで、直接画面に触れずに操作できる「3D モーションセンサ(GP2Y8E01)」を開発。10月31日よりサンプル出荷を開始する。

シャープ、タブレットやノート PC 向けの小型「3D モーションセンサ」を開発
3D モーションセンサ(GP2Y8E01)

同デバイスは、赤外発光 LED、受光センサ、センサが捉えた手の位置や動きを前後・左右・遠近の3次元座標に計算処理する DSP(座標計算処理回路)を1パッケージ化したもの。従来、計算処理は搭載製品の CPU で行っていたが、デバイス本体で行うことで、搭載製品の省電力化を図ったという。

また、サイズをコンパクト化し、タブレット端末などで広く使用されている通信規格 I2C インターフェースを採用することで、小型端末製品への搭載も容易にしている。

本体サイズは7.9×3.9×3.4mm。サンプル価格は1,100円(税込)。同社は、普及の進むタブレット端末に加え、FA 機器(操作パネル)やアミューズメント機器など幅広い分野に提案していくとしている。