総務省が公示した「情報流通連携基盤の観光・防災情報における実証」で、日本 IBM が採択された。日本 IBM では、今回受託した情報流通連携基盤の観光/防災情報における実証を平成25年度に京都市で実施する。

日本 IBM 「歩くまち・京都」で観光/防災/モビリティ情報のオープンデータ実証プロジェクトを実施
日本 IBM 「歩くまち・京都」で
観光/防災/モビリティ情報のオープンデータ実証プロジェクトを実施

同プロジェクトでは、総務省が実証する実証プロジェクトのひとつのモデルケースとして、観光情報、防災情報およびモビリティ(移動)情報を、情報流通連携基盤共通 API を通して公開することで、様々なアプリケーションの開発が促進されることを実証する。

同プロジェクトでは、ジョルダン京都高度技術研究所とも協力し、走行中の車の位置移動情報(プローブ情報)や観光地情報など、情報流通連携基盤を通して公開された多様なオープンデータを活用し、目的地までの車や公共交通機関の最短移動時間、駐車場情報や最も安価な乗換情報などを市民や観光客に提供し、遅延も考慮した高度なナビゲーションを実現する予定。 


また、同プロジェクトでは、プローブ情報や駐車場の位置や空満情報をリアルタイム分析するストリームコンピューティング技術を活用した交通情報や、観光地の情報や公共施設、宿泊施設の情報を活用し、タイムリーに今いる場所や目的地周辺の情報を提供することで、公共交通で移動中でも観光を満喫でき、災害時には避難所情報や帰宅支援ステーションといった防災関連情報を活用し、市民や観光客に避難先や最適な避難経路などを提供できるアプリケーション機能を予定している。